イライラする時にやってみたい!ストレス解消法


外に出て軽く体を動かす

運動には、リラックス効果や睡眠リズムを整えさせる効果があります。特に、ランニングやダンスといった有酸素運動を行うことが推奨されています。しかし、運動が苦手な場合は無理をする必要はありません。激しい運動はせず、近所の公園を20分ほど散歩するだけでも十分です。ぽかぽかして、じんわりと汗ばむくらいを目安に体を動かしてみましょう。さらに、日光を浴びると、脳内のセロトニンが分泌されます。セロトニンはストレスのコントロールに役立つため、幸せホルモンとも呼ばれています。

よく噛んで食べるよう心掛ける

セロトニンの分泌量を意識的に高めるためには、一定のリズムを刻む動作を繰り返す必要があります。セロトニンが分泌されるのは、動作を始めてから5分ほどたった頃です。20分から30分ほど続けると分泌がピークに達し、2時間ほど効果が持続します。具体的な動作として挙げられるのは、咀嚼です。毎日の食事を、よく噛むことを意識しながら食べてみてください。咀嚼によってセロトニンが分泌されるだけでなく、恐怖や不安を感じた際に放出されたアドレナリンのような、血中のストレス物質の量も低下するとされています。また、食事をとる時間がない場合は、ガムをよく噛むという方法もあります。

笑うとこころが軽くなる

家族や友人などの親しい相手と話していると、リラックスできるという方もいるでしょう。笑うことは、ストレス解消にも有効だとされています。笑うとセロトニンの分泌が促進されるほか、安心感や安らぎなども得られます。

評判が良い心療内科を名古屋で探す人は多いです。病院選びには、口コミや公開情報だけでなく本人との相性も大きく関係します。